ハラスメントについて その2(セクハラ、マタハラ)

今回はセクシュアルハラスメントと、マタニティハラスメントについてお話していきます。

 

1 セクハラとは何か?についてです。

セクシュアルハラスメント(セクハラ)とは、「職場」において行われる「労働者」の意に反する「性的な言動」により、労働者が労働条件について不利益を受けたり就業環境が害されることをいいます。

セクハラには対価型と環境型があります。

「対価型」とは、経営者から性的な関係を要求されたが拒否したら解雇された、というものです。

「環境型」とは事務所内で上司が胸などを時々触るので仕事が手につかず就業意欲が低下しているというものです。

 

セクハラに該当し、絶対に避けるべき行動・言動の一例は以下の通りです。

 

・雇用上の利益や不利益の与奪を条件に性的誘いをかけるなどをする

・人事考課、配置、異動などの配慮を条件にして誘いかける

・性的要求への服従や拒否によって雇用上の扱いを変える性的な嗜好などによって人事管理の差別的取扱いをする

・性的な好き嫌いなどによって雇用上の扱いを不公平にする弾圧的に性的行為に誘ったり執拗に交際の働きかけをする

・業務上の指導などの名目にかこつけて個人的な接触をはかる・性的関係を求める発言を繰り返す・食事やデートにしつこく誘ったり、いやがられているのにつきまとったりする(いわゆるストーカー行為も含む)

・相手の身体への一方的な接近や接触をはかる・抱きついたり、腰や胸に触る

 

2 次にマタハラとは何か?についてお話していきます。

 

マタニティハラスメント(マタハラ)とは職場において行われる上司・同僚からの言動(妊娠・出産したこと、育児休業、介護休業等の利用に関する言動)により、妊娠・出産した女性労働者や育児休業・介護休業等を申出・取得した男女労働者の就業環境が害されること

をいいます。

 

妊娠出産を迎えた女性に対し、退職を促したり、過度に仕事をさせない、あるいは目的なく過大な仕事を押し付けるなどの行為が典型例です。

 

マタハラには2類型あります。

 

①制度(妊娠中の軽易な業務への転換、産前産後休業・育児休業、子の看護休暇等)等の利用への嫌がらせ型

②状態(妊娠出産したこと、業務に従事できなかったこと、産後休業したこと等)への嫌がらせ型

 

なお、「業務上必要な言動」はハラスメントに該当しません。

例えば、制度等の利用を希望する労働者に対して、業務上の必要性により変更の依頼や相談をすることは、強要しない場合に限りハラスメントに該当しません。また、妊婦本人はこれまで通り勤務を続けたいという意欲がある場合であっても、客観的に見て妊婦の体調が悪い場合に、業務量の削減や業務内容の変更等を打診することは、業務上の必要性に基づく言動となり、ハラスメントには該当しません。

 

ただし、労働者の意を汲まない一方的な通告はハラスメントとなる可能性がありますのでこの点は、注意が必要です。

関連記事はこちら